わさびについて        自然の香りがふるさとです。鮫皮おろしは、生わさびの香りを100パーセントひきたてます。







日経ヘルス 20062月号・3月号
各記載ページへ
わさびの知識 part.1
わさびの知識 part.2
わさびの知識 part.3
わさびの知識 part.4
わさびの知識 part.5




商品購入はこちらから

 出版本  「わさび」  ・・・日経ヘルスと金印株式会社の共同製作による・・・

 日経ヘルス 20062月号・3月号 P.15記載

やっぱり、わさびパワーはスゴイ!
1回のの摂取で水銀が出た
1週間で体の抗酸化力もアップ
わさびの“解毒パワー”はどれほどなのか。
簡便なわさびのサプリメントを摂取し、「抗酸化能」と「貴金属の排出力」を測ったところ、
ともに、短期間で上昇するという結果が出た。



抗酸化パワーが大きくアップし活性酸素を消去

わさびスルフィニルの活性酵素生成を抑制する“解毒パワー”は、前ページで紹介した「8-OHdG(遺伝子損傷の度合い)減少」のデータで実証されているが、編集部でも実験にトライ。条件を揃えるためにわさびスルフィニルを含んだサプリメントを5人に1週間のんでもらい、変化を調べた。
この実験では、体内の抗酸化力そのものを測る指標「PAO(ポテンシャル・アンチ・オキシダント)」を測定。結果は、平均で約3%、抗酸化能が向上。19%アップした人もいた。
わさびスルフィニルの抗酸化力=解毒パワーは、やはり確かなようだ。

1週間で抗酸化パワーがアップ

実験参加者は、喫煙の習慣がある男女5人(3346歳)。
わさびサプリメント(使用したのは金印の「わさび&オリーブ」、
1日摂取目安量5粒)をのみ始めて3日目の段階で、すでに抗酸化力がアップしていた。

*PAO=特定の成分を検出するのではなく、血清のトータルの抗酸化力を調べる指標。食品の抗酸化能評価によく使われる。


わさびにも有害金属を排出する“解毒力”が!

気をつけても、様々な食べ物や空気から水銀などの有害金属が体内に入ってくる。
「解毒」というと、この有害金属の排出も気になるところだが、わさびにはこのような解毒力もあるのだろうか。
タマネギのケルセチンなどは、有害金属と結びついて対外に排出すると考えられているが、実験ではわさびにもこの働きがあるという結果が出た。
「発ガン物質のもととなる“毒”を無毒化・排出する力が高まった結果、有害金属も一緒に体外に出しているのではないか」と金印の奥西課長代理は推測する。


わさびで尿中に水銀が排出

実験は、食事の条件をそろえて2回実施。夕食後に、わさびサプリメント(上の実験と同じ製品を使用)をのまなかった場合、のんだ場合で、翌朝の尿中にどれだけ水銀が排出されるかを調べた。参加した5人(3345歳の男女)は、いずれも水銀の排出量が、サプリ摂取時に増加。水銀のほか、ヒ素や鉛、カドミウムの排出量も増えていた。
  
page top
Copyright © WORLD VISION CO., LTD. All Rights Reserved.